space
テクニック:透明度を変更する
 
space

初期状態では透明度が1〜100に変化するグラデーションで表示されますが、これらはopacityとfinishopacityの値を1〜100で指定することにより変更できます。また、style=1の場合は、startxとstartyで透明処理の開始位置を、finishxとfinishyで透明処理の終了位置を指定することも可能です。なお、フィルタが機能しない場合は、横幅を指定するスタイルシート「width」などを追加することにより、正しくフィルタを機能できるようになります。

 
透明度が90から10に変化します。
透明度が50から10に変化します。
透明度が20から10に変化します。
透明度が20から80に変化します。
 
▼Source

<FONT size="5" color="#000099">
< DIV style="width=400 ; filter:alpha(style=1,opacity=90,finishopacity=10)">
透明度が90から10に変化します。
< /DIV>
< DIV style="width=400 ; filter:alpha(style=1,opacity=50,finishopacity=10)">
透明度が50から10に変化します。
< /DIV>
< DIV style="width=400 ; filter:alpha(style=1,opacity=20,finishopacity=10)">
透明度が20から10に変化します。
< /DIV>
< DIV style="width=400 ; filter:alpha(style=1,opacity=20,finishopacity=80)">
透明度が20から80に変化します。
< /DIV>
< /FONT>

return