space
テクニック:フィルタを利用する
 
space

フィルタとは文字や画像などに特殊効果を与える機能で、影を付けたり、半透明のグラデーションにしたり、にじみ、うねり、といった効果を追加できるものです。標準的なスタイルシートではなくInternet Explorer 4.0以上のビルトイン機能となってしまうため、正しく表示されるブラウザが制限されてしまうというデメリットを持っていますが、何より手軽に利用できるのが魅力です。

 
半透明のグラデーション効果を与えるフィルタ「alpha」

フィルタの書式は、スタイルシートと似たような感じで、タグに埋め込む場合は「style="filter:alpha(属性値)"」と記述します。指定する属性値はフィルタごとに異なっており、フィルタ「alpha」の場合、グラデーションの形を決定するstyleという属性が用意されています。styleの値は0〜3が指定可能で、以下のように変化します。

■属性値の値と効果
 0:全体を半透明にする
 1:線形にグラデーション
 2:円形にグラデーション
 3:長方形にグラデーション

 
style=0 :全体を半透明にする

style=1 :線形にグラデーション

style=2 :円形にグラデーション

style=3 :長方形にグラデーション

 
▼Source

style=0<BR>
< IMAGE src="syashin.jpg" style="filter:alpha(style=0)">
< BR><BR>
style=1<BR>
< IMAGE src="syashin.jpg" style="filter:alpha(style=1)">
< BR><BR>
style=2<BR>
< IMAGE src="syashin.jpg" style="filter:alpha(style=2)">
< BR><BR>
style=3<BR>
< IMAGE src="syashin.jpg" style="filter:alpha(style=3)">

return